| 5,000円以上全国送料無料|初回注文時に 15% Off

女性オーガズム研究のパイオニア:マリー・ボナパルト

作者: Bestvibe 日付: 2023-11-28

女性オーガズム研究のパイオニア

マリー・ボナパルトを女性オーガズム研究のパイオニアと考える人もいれば、単なる金持ちで権力のある王女だったと考える人もいる。
いずれにせよ、女性のオーガズムに対する彼女の貢献は決して忘れ去られることはないだろう。
王女であったマリー・ボナパルトの人生における主な関心は、女性のオーガズムと精神分析の研究であった。
今日の言葉で言えば、彼女は当時の新しい自由な女性だった。


女性オーガズム研究の芽生え

マリー・ボナパルトはフランス・パリの名家に生まれた。
父ロランはナポレオンの弟の孫。 母親はモンテカルロ・カジノの創設者の娘だった。
このような家庭で、マリーの子供時代は幸せで至福に満ちたものであったはずである。
しかし、マリーは出産時に危うく死を免れ、母親はマリーを産んだ1ヵ月後に病気で他界した。
妻の死後、ロランは結婚することなく、研究に没頭するあまり、娘のことをすっかり忘れてしまった。
マリーは家庭教師で祖母のもとで育った。祖母は非常に厳格で、小さなマリーを頭のてっぺんからつま先まで厳しくしつけた。
両親や同年代の兄弟の行き届いた世話がないマリーは、骨の髄まで規則を刻み込んだ祖母や、放漫な家庭教師と日々向き合ううちに、必然的におとなしい少女になっていきた。
女性オーガズム研究のパイオニア
しかし、マリー・ボナパルトは好奇心旺盛な子供で、科学、文学、文章に興味を持ち、日記に自分の感覚のすべてを注ぎ込んでいた。
少女時代には主に英語とドイツ語の外国語を学び始めたが、父と祖母に受験を禁じられたため、女性は従順であるべきという考え方に反発するようにもなった。


女性オーガズム研究の生長

20歳のとき、マリーは父親から13歳年上のギリシャのゲオルギオス王子を紹介された。
ゲオルギオスに会ったときのマリーの第一印象はこうだった。「彼はハゲていたが、背が高く、ハンサムで、スリムで、空色の目が微笑んでいるようだった」。
ゲオルギオスは、自分がギリシャの王子であり、マリーと一緒にいるためにパリに滞在することは不可能だという事実をとても正直に話した。しかしその一方で、マリーの財産を欲しがっているわけではなく、妻が財産を相続する権利を放棄する文書に署名することもできた。
マリーはこの申し出に満足した。
1907年、マリー王女はゲオルギオス王子と結婚式を挙げた。
女性オーガズム研究のパイオニア
初夜はマリーにとって非常に不親切なもので、彼女は日記にこう書いている。「あの夜、あなたは無理強いするかのように、短時間で乱暴に私を抱きました」。同時に彼女は、「私はセックスが嫌いだけど、子供が欲しいならしなければならない」という自分の問題に気づいた。
まもなくマリーは妊娠し、エイゲニア王女とペトロス王子を出産した。
ゲオルギオスは少しがっかりした様子だった。男性はいつも、息子は多ければ多いほどいいと考えるものだ。そしてマリーの考えでは、この2人の子供を持つことが限界だった。セックスをした間、ふたりは拷問を受けているようだった。
マリーは、高貴な結婚というものは皆そんなものだと考え、それを個人的には受け止めなかった。
夫婦でデンマークを訪れて初めて、彼女は夫の本当の執着が叔父にあることを知った。
マリーは大きな衝撃を受け、ゲオルギオスが跡継ぎを求めて結婚したという事実に直面した。 彼女は、自分のために恋人を探し始めた。ゲオルギオスはそれについては何の問題もなかった。
その恋人たちの中にも、マリーは快感を感じることができなかった。 心理的にだけでなく、肉体的にも。簡単に言えば、彼女は肉体的な喜びを得ることができなかった。
普通の人なら、このような状況に置かれたら、惨めで不満な女になってしまただろう。でも、マリーは普通の人だったのだろうか。
おそらく一族の学問的遺伝子が働いたのだろう。 マリー は、なぜ性的快感を感じないのかを研究するという、おそらく他の誰も選ばない道を歩んだ。


女性オーガズム研究の衰退

マリーは、女性の性と性的快楽の理解と追求と同様に、知識そのものへの渇望に突き動かされていた。
1924年、彼女はA.E. Narjaniというペンネームで、「女性の膣分泌不全の解剖学的原因に関するノート」という論文を発表した。マリーは、オーガズムがクリトリスへの直接的な刺激によってのみ生み出されるとは認めなかった。
彼女は、女性は生まれつき違うのだという興味深い仮説を持っていた。だから性交時の感じ方や反応が違うのだ。
もし女性が挿入セックスでオーガズムに達することができないとしたら、それは生理的に何か問題があることを意味する。そこで彼女は、クリトリスと膣の距離が短ければ短いほど、女性が性交中にオーガズムを経験する確率が高くなると理論化した。
マリーは自分の理論を裏付けるために、240人以上の女性からクリトリスと膣の間の距離の測定値を集めた。
しかし、マリーはこれらの女性から体系的にデータを集めたわけではなく、むしろ診察を求める女性から聞いた逸話からデータを集めた。マリーの理論もまた、すべてを女性自身の生理機能に帰するもので、心理的成熟度や、その女性の性生活はどうなのか、神経症的か冷淡か、などといった他の側面は無視されていた。
残念なことに、当時のマリーは、女性が性交中にオーガズムを得るには手術しかなく、手術による矯正でクリトリスを膣に近づければ、オーガズムを得ることができると信じていた。
彼女自身も手術の実験をし、3回続けて手術を受けたが、それでもうまくいかなかった。
「クリトリスの周りにはたくさんの神経があり、クリトリスを切っても快感が増えないだけでなく、とても重要な神経を切っているのだ」と医師は説明した。
マリーがいろいろと翻弄されている矢先、父ロランが亡くなった。
父と娘の絆はそれほど深いものではなかったようだが、最後の近親者を失ったことで、メアリーはうつ状態に陥り、自殺願望さえ抱くようになった。
彼女は自分自身を救う必要があることに気づいた。


女性オーガズム研究の再燃

1925年、マリーは有名な精神分析医ジークムント・フロイトに会うためにウィーンに向かった。
話し合いの結果、この一流の心理学者はマリーのオーガズムの問題を解決することはできなかったが、マリーはフロイトの中に彼女が切実に必要としていたもの、つまり新しい父親のような愛を見つけた。
マリーはフロイトと出会って、ようやく明確な父親像を見つけたのだ。彼女はフロイトに宛てた手紙の中で、「私の人生最大の幸福は、あなたに出会えたことです」と書いていた。
女性オーガズム研究のパイオニア
二人はすぐに友人になった。
マリーの精神分析への関心が急速に高まるにつれ、彼女もフロイトの弟子となった。
この二人の師友は、お互いを尊敬し、信頼し、知識の海に共感を見出した。
心理学教授のアモラスによれば、マリーはフランスで精神分析を学んだ最初の女性の一人であり、特にフロイトのもとで学んだという。
マリーはパリを代表する精神分析医となり、王女としての多忙なスケジュールにもかかわらず、何人かの患者を診察する時間を確保した。
その後、ナチス・ドイツがオーストリアを占領したとき、マリーはフロイトとその家族がウィーンからロンドンに逃れるのを助け、フロイトの研究を救った。それから1年余り後、高齢のフロイトはロンドンで亡くなった。
女性オーガズム研究のパイオニア
第二次世界大戦が終わった後も、マリーは研究を続け、フロイトの理論を広めた。
1950年、マリーは『女性と性』と題する新しい本を出版し、それまでの自身の研究を否定し、女性のオーガズムには一般化できない多くの要因が影響すると主張した。
マリーはまた、フロイトの著作の多くをフランス語に翻訳・出版し、フランス精神分析研究所の設立を支援し、人類学者の探検に資金を提供した。
1957年、マリーは夫のゲオルギオスに最後の馬乗りになった。
彼女自身はあと4年しか生きられず、1962年に白血病で亡くなった。


女性オーガズム研究

マリー・ボナパルトは時代を先取りした女性であり、その研究は100年近く前ならともかく、現代の保守派の人々の目にはあきれ返るほどのものだっただろう。
彼女はそれを実行し、人々が何を言うかを恐れず、オーガズムという問題の研究に熱中し、独自の研究を行っただけでなく、精神医学の分野への分析研究を推進するために、多くの組織に資金と資金を提供した。
過去の研究には誤りがあったとはいえ、マリーの女性の性とオーガズムに関する研究はいまなお注目に値するものであり、女性の性についての知識と理解は同時代の研究者のそれをはるかに凌駕していた。
この点で、マリーは女性革命の先駆者にふさわしいです。



女性用アダルトグッズ

マリーの女性オーガズム研究の記事を読んだら、今の女性用アダルトグッズも見てみましょう。

役に立った(1)

お気に入りに追加

よく読まれている記事

カテゴリー

こちらもおすすめ

三重集中刺激 360°回転ピストン+振動 亀頭責め 透明デザイン 電動オナホール

¥5,5774 個の評価

Leten Thrusting-Pro 10種ピストンスピード&強さ 付け替えホール 動画観賞オナニー 携帯ホルダー付き 喘ぎ声搭載 電動オナホール

¥21,0553 個の評価

Melli Melli ちくびっちゅ一 装着絶頂 乳首責め 52個イボ激振 半曲面カップ APP操作 リモコン遠隔操作 防水静音 乳首バイブ

¥4,499

直入なしてもドライオーガズム 10震動+Wリング締め 四点同時刺激 初心者向け USB充電 防水 コックリング

¥3,299

神の手! 回春エステ 叩く+挟む+振動 貫通型 亀頭責め 唯一無二な衝撃快感 ペニスバイブ

¥4,799

ディープスロート フェラ刺激 7吸引x7振動 息を吐く・吸う バキューム 360°超大イボ 電動オナホ

¥5,7025 個の評価

超満足! 前立腺直撃 リアル亀頭 ピストンx振動 遠隔操作 アプリ制御 コックリング付き 前立腺責め アナルバイブ

¥5,1903 個の評価

極上名器 淫乱な熟ビラ 褐色肌 熟女美人 二穴構造 非貫通 バキューム 肉厚 710g 小型オナホール

¥2,7259 個の評価

肉ペニス 9種ピストンx振動x加熱x遠隔操作 吸盤付き シリコーン製 IPX7防水 電動ディルド

¥4,6581 個の評価

3点刺激 Wモーター 9種伸縮+9種振動 メスイキ コックリング 前立腺責め 中上級者向け リモコン アナルバイブ

¥4,876

46°恒温 3-5分急速加熱 全身防水 金属頭部 過熱自動停止 挿入長18cm オナホウォーマー

¥2,350

入れるのも入られるのも ゲイ向け 男性モデル 骨入りペニス付き 4.4KG 弾力ヒップ 大型オナホール

¥7,8307 個の評価