| 5,000円以上全国送料無料|初回注文時に 20% Off

遅延コンドーム

作者: Bestvibe, 日付:2023-10-26

遅延コンドームは一般的に亀頭への刺激を抑えるために普通のコンドームより厚みがあり、コンドーム+遅延スプレーがあり、中には特殊な薬剤が含まれているものもある。

まずはその原理を理解しよう。正常な男性の亀頭の皮膚はデリケートで敏感であるため、高速射精は亀頭の位置の感度が高すぎることが主な原因であり、亀頭の摩擦を減らすために、研究者はコンドームの貯蔵小胞に5%のベンゾカイン(ベンゾカイン潤滑液)を添加する、 このように亀頭の感度を大幅に低下させ、多くの場合、遅延コンドームを使用し、陰茎の摩擦が大幅に増加し、感度が低下するので、一定期間後、遅延コンドームを使用しなくなった場合でも、早すぎる射精はありません。

遅延コンドーム

ベンゾカインは局所麻酔薬であり、主に傷、潰瘍面、火傷、皮膚擦り傷、痔などの鎮痛やかゆみに臨床的に使用される。コンドームに使用することで、麻酔効果により亀頭の感度を低下させ、時間遅れの効果を得ることができる。もちろん、この遅延コンドームの副作用は、亀頭の感度を低下させると同時に、男性の快感を低下させることである。

心配なのは、過剰な使用は陰茎の神経麻痺を引き起こし、深刻な場合は勃起不能になる可能性さえあると考える医師がいることだ。また、この薬剤を使用した遅延コンドームを習慣的に使用すると、依存性を引き起こし、早漏の状況を悪化させる可能性があると言う医師もいる。

コンテンツ