| 5,000円以上全国送料無料|初回注文時に 20% Off

ボディストッキング

作者: Bestvibe, 日付:2023-10-20

ボディストッキングは、半ズボンと長い靴下がひとつになったもので、腰の高さと同じ高さである。

役割

1. 脚を整える

脚の小さなキズや欠陥はストッキングでカバーできるし、ストッキングの柔らかさや滑らかさは脚の美しさを増す。そのため、多くの業界の女性従業員は、仕事中にストッキングを着用しなければならない。

2. 防寒と保温

寒くて厚着をしたくないときは、適度な厚みのあるストッキングを選んで脚にはけば、冷えを防いで暖かく、脚が太くなりすぎるのを防ぐことができる。

3. 日焼け防止と制汗

夏に外出する際、脚にストッキングを着用すると、脚に当たる日差しの強さを大幅に軽減でき、紫外線を防ぐ役割も果たす。

夏場にズボンを履くとき、脚に汗をかくとズボンが脚に張り付き、脚の皮膚とズボンの摩擦が大きくなり、動作に大きな不便をもたらす。ズボンの中に通気性の良いサラサラのストッキングを履けば、汗をかいてもかかなくてもズボンが脚の皮膚に張り付くことはない。

4. 浮腫を防ぐ

接客業やウェイターなど、長時間の立ち仕事をする人は、脚が低い位置にある時間が長いため、浮腫みやすい。ストッキングを履くことは、脚の外側から一定の圧力をかけることと同じであり、脚の痛み、むくみ、疲労を大幅に軽減することができる。また、長時間飛行機に乗る人は、きついレギンスやストッキングを履くことで、脚に血栓ができる現象を避けることができる。

ボディストッキング

関連商品

コンテンツ