| 5,000円以上全国送料無料|初回注文時に 20% Off

膣ケア

作者: Bestvibe, 日付:2023-10-24

外陰部も膣も、抵抗力の強い扁平上皮で構成されている。両側の大陰唇は通常、柳の形をした一対の戸神のように自然に閉じており、密着して膣口と尿道口を覆い、泌尿器系と生殖器系の2つの末端器官を守り、保護している。

デリケートゾーンは "敏感 "な部分である。毎日のケアを怠ると、さまざまな細菌につけこまれやすい。さまざまな婦人科系の病気を予防するために、多くの女性は習慣的に膣洗浄液のボトルを洗面所に置き、毎日洗浄することにこだわっている。デリケートゾーンを清潔にすることは大切だが、殺菌効果のあるローションを毎日使うことで、将来のトラブルを防ぐことはできるのだろうか?女性の陰部はどのように洗うのが最も健康的なのでしょうか。

専門家のアドバイス

通常であれば、膣洗浄液の使用はできるだけ控え、きれいな水ですすぐだけにしてください。

洗浄頻度:1日1回で十分。

洗浄方法:温水シャワーが最適。シャワーがない場合は、専用の洗面器を使用する。

洗浄の手順

1. 外陰部を洗う前に手を洗い、摩擦や皮膚への刺激を減らすために手で優しく洗い、湿った布でこすらない。

2. 外陰部を洗う際にも順序がある。まず外陰部を前から後ろに洗い、次に大陰唇と小陰唇を洗い、最後に肛門と肛門の周りを洗う。これは、肛門の細菌が膣や尿道口を汚染するのを防ぐためである。

3. 外陰部を洗浄した後、排尿することで、細菌は尿によって体外に洗い流される。

洗浄液製品の使用 洗浄液を使用する際は、除染・除菌ができる医療用洗浄剤を使用する。医師の指示に従うのが最善である。酸性・アルカリ性の洗浄液を誤って使用し、膣内の生態環境を破壊しないこと。

月経洗浄の方法

1. 生理用ナプキンを頻繁に交換し、膣口を1日2回ぬるま湯で洗浄する。

2. シャワーで洗えない場合は、1人1洗面器、1タオル、1スープで洗い、性器と足は別々に洗う。

3. 夏でも冷たい風呂に入らないこと。

トリコモナス膣炎にかかった時の洗浄方法:

1. 1日2回程度洗浄する。

2. トリコモナスの繁殖を防ぐために、酸性の洗浄液を選ぶ。

3. 外陰部の洗浄だけでなく、膣内の洗浄も必要である。

子宮頸部びらんがある場合の洗浄方法:

1. 1日1~2回洗浄する。

2. 電気アイロン使用後1ヶ月以内は、浴槽風呂や膣ダッチは避ける。

3. 子宮頸管に薬を塗った後、湯船につかることは禁止されている。

真菌性膣炎の場合の洗浄方法:

1. 1日2回程度洗浄する。

2. カビの繁殖を防ぐため、アルカリ性の洗浄液を使用する。

3. 外陰部と膣を同時に洗う。

妊娠中の洗浄方法

1. 妊娠中は白斑が増え、特に感染症にかかりやすくなります。1日に数回、ぬるま湯で洗う。

2. 下着は毎日交換し、すぐに洗濯して天日干しする。

3. 医師の指示なしに膣を洗浄しないこと。異常な月経(量が多く、臭い)がある場合は、早めに医師の診察を受けること。

出産後の洗浄方法

1. 産後、膣に傷があるため、すぐに入浴することは勧められない。通常の場合、夏場は産後3日以上、冬場は産後1週間以上、1日1回または通常よりやや少なめの入浴が可能です。

2. 入浴は、ぬるめのお湯がよい。洗面器を使用する場合でも、決して湯船に座らず、立って入ること。

3. ロキアの量が多く、臭いがある場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。

関連商品

膣ケア

関連商品

コンテンツ